前立腺がん進行防止のキーワードは「肥満」

 社会の超高齢化や食生活の欧米化、前立腺特異抗原(Prostate specific antigen;PSA)による早期血清診断の普及によって前立腺がんは増加の一途をたどり、その増加率は全がん種の中で最も高い。前立腺がんの原因にはライフスタイルが密接に関係しているといわれ、中でも強力なリスク因子といわれるのが肥満だ。第12回日本性差医学・医療学会学術集会(1月19~20日)で、獨協医科大学埼玉医療センターの井手久満氏はコレステロールや肥満と前立腺がんの関係を解説し、機能性弁当やヘルスログの活用によるライフスタイル改善が進行予防に役立つことを指摘した。