コンピュータ支援診断、深層学習の課題は?

 コンピュータ支援診断(CAD)はX線やCTなどの医療画像をコンピュータで解析しセカンドオピニオンとして医師に提示するシステムのことで、近年の人工知能(AI)ブームもあり急速に開発が進んでいる。山口大学大学院創成科学研究科教授の木戸尚治氏は第38回日本画像医学会(3月8~9日)で、AIの歴史に沿ってCADを簡単に解説した。同氏は、ディープラーニングによるCADは画像を用意するだけでよく、これによりパラダイムシフトが起きたと指摘する一方、課題となる点も提示した。