結核のない世界、2045年までに実現可能

 結核のない世界は2045年までに実現可能であり、結核死の減少による経済的な利益は極めて大きい。世界結核デー(3月24日)に合わせて、13カ国37人の委員で構成されたThe Lancet Commission on tuberculosisは、結核に関する経済的分析や治療上の課題に対する介入モデルの研究結果などをまとめたレポートをLancet2019年3月20日オンライン版)で発表した。同レポートのモデル研究の詳細はLancet Glob Health2019年3月20日オンライン版)に掲載された。