AI活用でどう変わる? 未来の皮膚科医療

 近年、人工知能(AI)という言葉がメディアなどで日常的に使われるようになり、その技術をいかに活用すべきかを議論する時期に来ている。医療分野においても例外ではなく、日本皮膚科学会はAI技術をいかに患者や医療者に還元するかを検討すべく、日本皮膚科学会は、日本医療研究開発機構(AMED)事業の一環として昨年(2018年)から皮膚疾患の画像データを集積している。第118回同学会(6月6~9日)では、東北大学大学院皮膚科の志藤光介氏がこのデータ集積の成果と、同大学で開発中のAIを活用した2つのプロジェクトについて報告し、皮膚科医療の未来を展望した。