新型コロナ流行で喘息入院患者が半減

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、日本の喘息入院患者が半減していたことが明らかになった。東京大学公衆衛生学教室の宮脇敦士らの研究グループがメディカル・データ・ビジョン社の大規模診療データベースを用いて分析したもので、J Allergy Clin Immunol Pract (2020年10月14日オンライン版)に掲載された。