誤投与による死亡例、不慣れな処方で発生

 日本医療安全調査機構は1月17日、薬剤の誤投与による死亡事例を分析しまとめた『医療事故再発防止に向けた提言 第15号』(以下、提言)を公式サイトに掲載した。誤投与による死亡の報告があった36例中17例が医師の処方工程で誤投与が発生。専門外の医師が処方するなど、処方に不慣れな状況で発生していた実態が明らかになった。