東大病院長が考える若手のための病院経営

 近年、医療機関を取り巻く環境は厳しさを増し、若手医師が将来を展望しづらくなっている。東京大学病院の病院長として4年目を迎える瀬戸泰之氏は第77回日本消化器外科学会(7月20~22日)で、若手医師が将来の夢を描ける理想的な病院経営について講演。「仁術(よい治療)を施すためには、算術(よい収入)も必要」と述べた。