頭内爆発音症候群、病態生理と治療を解説

 頭内爆発音症候群(exploding head syndrome;EHS)は、入眠期や夜間中途覚醒時に頭内の急激な爆発音あるいは爆発の感覚が生じる。その病態は不明であり、確立された治療法はない。第47回日本睡眠学会(6月30〜7月1日)で日本大学精神医学分野の金子宜之氏は、頭内爆発音症候群に伴う精神症状の病態生理および治療について解説した。