メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ライフスタイル » 鏡よ鏡。家の安全から人の健康まで。(グラスルーチェ)

鏡よ鏡。
家の安全から人の健康まで。
テレビがこれから映すもの。

特別企画LWL

 鏡による新しいテレビの見せ方を提案する、ミラーディスプレー「GLAS LUCE(グラスルーチェ)」。昨年の第1回目では、「グラスルーチェ」の概要をご紹介した。第2回目はさらに一歩先へ進め、IT技術により「グラスルーチェ」が映す未来に迫る。人々の心を捉える、「グラスルーチェ」の世界とは...

「グラスルーチェ」最高峰の自信
マジックミラーの"ブラック"と"シルバー"

 「グラスルーチェ」の最大の特徴は、ガラス製であること。オリジナルミラー"マジックミラーブラック"は、特殊な表面加工(複数の貴金属を独自合成したスプレーを吹きかけるスパッタリング加工)を施し鏡の役割を果たすガラスだ。

 株式会社ハナムラ 代表取締役の花村勇臣氏は「映像を映し出すミラーとして、世界一だと自負しています」と自信をのぞかせる。

 「室内で使うものなので極力、映り込みや反射を抑えるよう工夫し、さらに光を通すために透過性を高め、映像がきれいに見える仕様にしています。しっくりくる、かつ艶感のある黒色を求め、1年ほどテストを続けました。仕上げのスプレーに配合する金属の割合を変えることで、映像の写り方に大きく差が出るのですが、辿り着いた最良のバランスで製造したのが、"マジックミラーブラック"です」

 マジックミラーのもうひとつの主力製品、それが"ブラック"に対する"シルバー"だ。 "マジックミラーシルバー"は、より鏡に近く、"マジックミラーブラック"より反射率を高めながら、かつ高い透過性も確保。明るい場所での映像鑑賞を可能した。

 花村氏はこう続ける。

 「市販のハーフミラーだと、反射率が高く透過性が低いので、映像は見えません。そこで、特殊フィルムを背面に張り、接着させるのりの成分のテストも繰り返し、最適な状態を探りました。鏡は光を通さない、その矛盾を逆手に取り、そのバランスを追究した結果です」

 映像をきれいに見せるために、何度も試作を繰り返し、理想に近づけた製品であることを力説する。

GLAS LUCE MIRROR(特許第5232839号)
この他にも、インテリアとの調和を重視する顧客向けの"ホワイトガラス"をはじめ、ガラスに色を入れてカラー展開している製品もある

一般のテレビでは実感できない
独特の浮遊感を実現

 映像が浮き上がってきて、まるで本物の人物や風景が目の前に現れる、その新しい感覚を体感してもらう目的で開発されたのが「グラスルーチェ」だ。

 「ライフスタイルの中で、驚くような映像感覚を味わってもらいたい、それが開発の動機でした。」
「例えば、女性の美しさは衣装やメイクにより引き立てられる。料理は器や盛り付けで掻きたてる食欲の度合いが変わる。普段、皆さんが見ているのは裸のTV。TVにもメイクを施して今までにない映像体験を提供したいですね。このリアル感を味わったあと、普通のテレビで映画を見るとあまりにも艶感がなく、物足りなさを感じることでしょう」

 グラスルーチェはドクターからの支持も厚い。「グラスルーチェ」を壁面にはめ込み、天井からスピーカーを配置し、海外ドラマのワンシーンのような素敵なリビング空間を作り出しているお宅もあるという。「グラスルーチェ」は、日常から一歩離れた"非日常感"を味わせてくれる。その魅力がドクターの皆様にも支持されている理由だろう。

「グラスルーチェ」のショールーム(東京都新宿区)
そのデザイン性・機能性・迫力は、実物を体感した者にしかわからない
ホワイトを基調とした明るい室内でインテリアと化した"Black"

セキュリティもテレビの中に
ホームオートメーションシステムでセキュリティ制御も可能に

 ドクターが、「グラスルーチェ」と同時に導入されることが多いのが、ホームオートメーションシステム。アメリカ・レクレストロン社の技術をベースに、インターフェース部分をハナムラが開発し、提供している。

 たとえば、電動シャッターの開閉をはじめ、エアコン・床暖房・照明の調光・電動カーテンの昇降・バスタブへのお湯はり・セキュリティカメラの切り替えなどが、すべて1台のインターフェースで制御可能なシステムだ。室内電化製品も、一括コントロールすることができる。

 「iPadやスマートフォンで簡単に遠隔操作できるのが何よりの特徴です。インターネットがつながる環境であれば、国内はもちろん、海外からの操作も可能です。最大のメリットはセキュリティ面、その次は利便性でしょう」

 リビングの「グラスルーチェ」でテレビを見ながら、同時にセキュリティカメラの映像を映すことが可能。iPad上でも確認が可能なので、寝室へと持ち運べばそこでもライブ映像を確認できる。こうした使用例の利便性のよさに驚くドクターも多いという。

携帯端末が叶えるホームオートメーションシステム
すべての機器操作を普段持ち歩く端末1台に集約できる

 「自分のスマホから確認できるので、ネットにつながる場所であれば海外からでもセキュリティカメラのライブ映像を確認できます。玄関のドアがロックされていても、海外にいながら解除もできますし、照明の点灯も可能です。帰宅時や、別荘へ向かう道中で、到着前に照明や暖房、床暖を入れることができますし、お風呂のお湯を前もってはることさえ可能です」

 優れた安全性を保ちながら、同時に高い利便性も叶えるこのシステムについて、自信たっぷりに力説した花村氏は、こんな事例も紹介してくれた。

 「郊外の大きなお宅にお住まいのお客さまに、このシステムをご説明したところ、電動シャッターだけでも20カ所くらいあるというお宅でしたから、iPhone1台ですべてを確認・操作できることに驚かれ、すぐに導入を決められましたね」

 実際、安全性や最新技術への意識が高いドクターの導入率はかなり高いという。また、ネットにつなぐことで多様な映像が簡単に手に入るようになり、AppleTVを含めてセットで導入する人も多い。

人の健康も鏡の中に
「魔法の鏡プロジェクト」

 「自分の健康を自分で知るのは、洗面台という人が多いでしょう。自分の顔を見るのは、だいたい1日3回くらい。体の状況は自覚症状としてわかりますが、データとしてわかりません。それを数値化し、ビジュアルでわかるようにする開発にも取り組んでいます」

 未病対策として、とある国立大学の研究室と一緒に医療的なデータログを解析し、AIプログラムを使って健康状況がわかるようなサービスを提供するための取り組みが始まっています。

 仕組みはこうだ。体温・血圧・脈拍・体重などのデータを洗面台型グラスルーチェが測定。グラスルーチェをネットに接続すると、データベース上のデータと鏡の前の人の状態を比較し、その人の健康状態を教えてくれる。日々の健康状態が分かるだけでなく、日々の数値を記録もするので、いざ発病した時の個人の後ろ向き研究も可能になる。

 「ポイントはグラスルーチェと非接触で完結すること。鏡に触れることなく、スキャニング、データ化が行えるシステムなんです。将来的には飲酒量なんかもわかるようになりますね」

 「人の分身となるキャラクターによる"アバター"もグラスルーチェに映し出し、話ができるようにする計画なども含め、グラスルーチェを活用したサービスもどんどん進化させたいですね。日英音声が可能な"リップシンク"も導入し、自分で選べるようにすることで、可能性が広がるでしょう」

分身となるキャラクター"アバター"は既に誕生している

テレビという箱で一括管理
「グラスルーチェ」にIoTなどのさまざまな技術を集結させる未来

 2011年、花村氏がインテリアとITの融合を目指してスタートした事業の次なるステージとして、ネットに繋がるウェエアラブル機器を身につけ、センサー感知により制御できるような製品やサービスも視野に入れているという。

 「室温によってカーテンを閉じたり、照明を落としたり、エアコン温度をコントロールできるというシステムも検討しています。インターネット環境にさまざまな機器をつなぐ技術"IoT" (Internet of Things)により、家電同士が連携する最適なシステムの実現へ向けた開発です」

 また、今後は「魔法の鏡プロジェクト」洗面台型グラスルーチェを始めとしたソフトの開発にも注力し、情報をクラウドから配信することも検討しているという。

 「さらに、まわりのさまざまなプロと連携し、技術革新を進めたいですね。ホームオートメーションを含め、ドクターのように、大きな自宅をお持ちの方やエグゼクティブの方々にこそ、未来を先取りするグラスルーチェを導入する必要性は高いのではないでしょうか」

 まるでドクターのためにあるようなプロダクト、「グラスルーチェ」とその拡張性。快適な暮らしをタッチひとつで実現できる夢の製品を、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

※特典
読者の方で、ショールームでご購入いただいた方へは、特別プライスでご提供いたします。

円滑なご案内のためショールームは予約制となります。予約なしでのご来店の場合、ご予約のお客様優先となりお待ちいただく場合がございます。スタッフからのご説明希望の際は、事前の予約をお薦め致します。
TEL:03-3344-8438

Information

鏡とITの融合によりテレビは消え、壁は動くインテリアへ。

GLAS LUCHE(グラスルーチェ)

リビングルームなどの壁面に合わせてカスタマイズするビルトインタイプのGLAS LUCEは、サイズとご予算に合わせてご提案できる、自由度の高い商品です。これから新築やリノベーション、医院開設等をご検討されている方は、インテリア空間の気品をそこなわないフラットな鏡と、艶感のある美しい映像を、ぜひショールームでご体感ください。

株式会社ハナムラ GLAS LUCE x Smart Home 東京ショールーム 10:30〜19:00 水曜休

円滑なご案内のためショールームは予約制となります。予約なしでのご来店の場合、ご予約のお客様優先となりお待ちいただく場合がございます。スタッフからのご説明希望の際は、事前の予約をお薦め致します。
TEL:03-3344-8438

  • ブランド名 :GLAS LUCE(グラスルーチェ)
  • 会社名 :株式会社ハナムラ
  • WEB :http://www.glasluce.jp/
  • TEL :03-3344-8438
MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ライフスタイル » 鏡よ鏡。家の安全から人の健康まで。(グラスルーチェ)