メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ライフスタイル » 夢百笑蜜芋 5000円分

夢百笑蜜芋

種子島蜜芋のものがたり

サツマイモの聖地

1698年(元禄11年)、領主・種子島久基の命を受けて、島民・大瀬休左衛門が琉球甘藷を栽培したのが始まりで、かの青木昆陽が日本全土に広めたのは、実にその37年後。現在でも種子島は、国内で最も在来種が豊富な、まさにサツマイモの聖地ともいえる島なのです。

開夢百笑生産者グループの取組み

「種子島安納芋」といっても近年種苗改良などで、様々な種類が出回るようになりました。そんななか私達「夢百笑」生産者グループがとりくんでいるのは、原種にこだわり、手間暇かけて育てることで、原種でしか味わえないナチュラルな美味しさや甘味を最大限ひきだたせた「蜜芋」に育てあげることです。

開発風景

優れたものを厳選し伝承栽培されてきた逸品

「種子島安納芋」といっても近年種苗改良などで、様々な種類が出回るようになりました。そんななか、唐芋伝来300年の歴史を継承してきた原種から特に糖度の高い芋を種苗にし、手間暇をおしまず栽培してきたのが夢百笑の種子島蜜芋。焼くと、でんぷん質が蜜の味(糖質)に変わり、 究極ともいえるその甘味とクリーミーな触感は、まさに洗練されたナチュラル・デザートそのもの。昔そのままの美味しい蜜芋をどうぞお召し上がり下さい。

逸品

夢百笑の品質管理について

私たち夢百笑の種子島蜜芋は、徹底した品質管理を行い、質の良い芋の栽培に取り組んでいます。

夢百笑
セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

開幕直前の平昌五輪!金メダルを期待する競技は?応援している選手名や五輪にまつわる思い出があれば教えてください。

ホーム »  ライフスタイル » 夢百笑蜜芋 5000円分