2017年12月25日号
メディカルトリビューンウェブ
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/mail/2017/171225512080/
注目記事一覧

【特設サイト】2017年開催学会レポート一覧

平均寿命の話(編集部・慶野 永)

 厚生労働省が2015年の「都道府県別生命表」を公表し、平均寿命(0歳の平均余命)が最も長いのは男性では滋賀県(81.78年)、女性では長野県(87.675年)ということが分かりました。とはいえ、男性2位の長野県(81.75年)、女性2位の岡山県(87.673年)とは僅差です。

 長野県は男女ともに長寿だなと思いながら、男性の平均寿命で岡山県を探してみると、13位でした。都道府県ごとの男女差が気になって見てみると、最も差が大きいのは6.49年の青森県、最も小さいのは5.76年の愛知県でした。都道府県ごとの男女差も思ったよりも大きいという印象です。全国の平均寿命の男女差は6.24年でした。

 平均寿命が最も短い都道府県は男女とも青森県でした(78.67歳、85.93歳)。短い順では、青森県に次いで男性では秋田県、岩手県、和歌山県が続き、女性では栃木県、茨城県、秋田県が続きます。東北と北関東が目立ちますね。

 以前から、東北地方の寿命が短い理由として"寒さ"や"塩分摂取量の多さ"などが挙げられています。減塩については全国的にもだいぶ進んでいると思われますが、東北ではその他にも酒量が多い、喫煙率が高いなどの傾向もあり、それらの生活習慣が総合的に寿命を短くしているのかもしれません。

 前回の調査(2010年)と比べると、男女とも全都道府県で平均寿命は延びていました。主な死因別の年齢調整死亡率の変化も公表されているのですが、福島県で悪性新生物と自殺が前回調査から微増していることが気になりました。やはり、東日本大震災の影響なのでしょうか。

 ちなみに、初回調査(1965年)時の全国平均寿命は男性67.74歳、女性72.92歳で、都道府県別の第1位は男女とも東京都でした!(記者は東京都出身)

関連記事

平均寿命1位、男性は滋賀、女性は長野

お友達紹介プログラム


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはmt@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
配信停止を希望される場合
  • 配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • メールマガジンが完全に配信停止されるまで、最大で7日程度かかります。
  • メールマガジン以外の一部のメール(例:謝礼付アンケートのご案内など)については、
    メルマガ配信停止の有無に関わらず、お送りさせていただくことをご了承願います。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン