※このメールMedical Tribuneウェブ会員の方にお送りしております

Oncology Tribune

2019/5/3

【外科医注目】知っておきたい!監修医師が推薦する外科領域の記事は?

メールをご覧いただきありがとうございます。Oncology Tribune編集部です。 本日のメールは、監修医師が推薦する外科領域記事特集です!!日頃忙しく最新情報やトレンドをキャッチアップできていない方や2019年前半を一度振りたい方、外科領域に関わる皆様に必見の内容となっています。是非ご覧ください。

〉〉大型連休中の対応についてはこちら

監修医師推薦記事!!

前立腺|2019.4.5

外科手術 vs 放射線療法 ~Gleasonスコア9-10の前立腺がんと死亡リスク~

伊丹 純 氏 国立がん研究センター中央病院 放射線治療科長 推薦

対象は、T1-4およびGleasonスコア9-10の米国とドイツの前立腺がん患者639例。患者を前立腺全摘除術+補助外部照射療法+アンドロゲン遮断療法(MaxRP群、559例)、または外部照射療法+小線源療法+アンドロゲン遮断療法(MaxRT群、80例)で治療した...

続きを読む

乳腺|2019.4.4

StageⅣ乳がんへの原発巣切除で死亡リスクが44%減【AACR】

尾崎 由記範 氏 虎の門病院 臨床腫瘍科 推薦

StageⅣのHER2陽性乳がんに対する原発巣切除による予後への影響について、米国National Cancer Databaseに2010~12年に登録された3,231例について後ろ向きに解析。対象例のうち、89.4%が化学療法または分子標的療法を、37.7%がホルモン療法療法を...

続きを読む

肺|2019.2.28

早期肺がんに対する外科手術+体幹部定位放射線治療は有用か?

伊丹 純 氏 国立がん研究センター中央病院 放射線治療科長 推薦

体幹部定位放射線治療(SABR)は、外科手術が困難な早期非小細胞肺がん患者の有用な治療選択肢であるが、SABR 後の病理学的完全奏効(pCR)についてはあまり検討されていない。手術可能な肺がん患者に対する術前補充療法としてSABR を行うと...

続きを読む

腎臓|2019.2.15

転移性腎がんに対して腎摘除術とスニチニブによる薬物治療のどちらを優先すべきか?

赤倉 功一郎 氏 JCHO東京新宿メディカルセンター 副院長・泌尿器科部長 推薦

続きを読む

前立腺|2019.4.5

Gleasonスコア9~10の前立腺がんに対する最適な治療法は?

伊丹 純 氏 国立がん研究センター中央病院 放射線治療科長 推薦

続きを読む

Oncology Tribune編集部

監修医師をフォローしてタイムラインを自分用にカスタマイズしませんか?

前立腺|2019.4.5

Gleasonスコアのグレード分類別に見たADTの施行期間と生存率;GG4とGG5の違いは?

伊丹 純 氏 国立がん研究センター中央病院 放射線治療科長 推薦

続きを読む

Oncology Tribune
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更等のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはotinfo@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • Oncology TribuneからのPRメール配信停止をご希望の場合はotinfo@medical-tribune.co.jp宛に配信停止希望の旨、ご連絡ください。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。

株式会社メディカルトリビューン