このメールはMedicalTribuneウェブ会員の方にお送りしております。
ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

Oncology Tribune

2019/12/11 特別号

EGFR-TKIによる1次治療中に脳転移でPDとなった症例に対する治療

EGFR-TKIによる1次治療中に脳転移を認めたEGFR変異陽性NSCLCの治療戦略を、新潟県立がんセンター新潟病院の三浦理先生と久留米大学の東公一先生が解説。世代別(第1、2、3)EGFR-TKIやT790M変異の有無、脳転移の個数により治療はどう変わるのか。臨床経験を踏まえてご意見を伺いました。

続きはコチラ〉〉

記事一覧

Oncology Tribune
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedical Tribune ウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更等のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはotinfo@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • Oncology TribuneからのPRメール配信停止をご希望の場合はotinfo@medical-tribune.co.jp宛に配信停止希望の旨、ご連絡ください。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。

株式会社メディカルトリビューン