明日から臨床でつかえる精神科・診療内科領域への検査データ評価・臨床応用
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2017/170628509197/
2017年06月28日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。
2017年8月20日開催 オーソモレキュラー サイカイアトリー【心身栄養療法研究会主催:東京講演会】
【心身栄養療法研究会主催:東京講演会】オーソモレキュラー サイカイアトリー
明日から臨床で使える 精神科・心療内科領域への検査データ評価・臨床応用
平成29年8月20日(日)13:00〜17:00(開場12:15〜) 場所:AP品川(品川駅徒歩3分)
【対象】医師(定員120名、申込順)、【お申し込み】、FAX.03-6380-0107【参加費】2,000円(税込)当日受付会場にてお支払いください、【締切】平成29年8月10日(木)
座長:市来真彦先生(東京医科大学メンタルヘルス科准教授)
講演1 溝口 徹先生(新宿溝口クリニック院長)
演題
統合失調症への栄養介入による改善- オーソモレキュラー療法の紹介 -
趣旨
オーソモレキュラー療法は、1960年代から欧米を中心に行われている精神疾患への栄養介入による治療法です。本講演では、統合失調症への栄養介入の実際を症例の経過とともに提示し、オーソモレキュラー療法の歴史や基礎について紹介します。
講演2 姫野友美先生(ひめのともみクリニック院長、日本薬科大学 漢方薬科 教授)
演題
うつ病による休職、復職後の再発予防に栄養介入が役立った症例- 標準治療との経済効果比較 -
趣旨
企業におけるうつ病の休職者は年々増加しており、これによる会社の負担、および経済的損失は大きいと考えます。なかでも復職後の再発率は高く、初回復職後の再発率は50%です。当院では、うつ病の治療に分子整合栄養医学に基づいた身体および脳のエネルギー産生を促進するオーソモレキュラー療法を併用しており、これにより復職後再発を防止することのできた症例を報告します。
講演3 功刀 浩先生(国立精神・神経医療研究センター、神経研究所 疾病研究第三部 部長)
演題
「うつ病と食生活の関係」
趣旨
うつ病などの精神疾患の治療に対して、これまで日本では食事や栄養学的な視点での アプローチがされてきませんでした。しかし近年、精神疾患と食生活や栄養摂取に関 する報告が相次いで発表されるようになり、国立精神・神経医療研究センターでも精 神疾患の栄養学的側面に着目した臨床研究に取り組んでいます。

会場案内

【会場】AP品川、【住所】〒108-0074東京都港区高輪3-25-23、【電話番号】03-5798-3109、【交通機関】品川駅より徒歩3分

アクセスマップ

講師陣・座長のご経歴

溝口 徹 先生
1990年 福島県立医科大学卒業。横浜市立大学医学部付属病院、国立循環器病センター勤務を経て、溝口クリニック(現:辻堂クリニック)を開設。ペインクリニックを中心に、広く内科系疾患の診療にも従事。2003年 日本初の栄養療法専門クリニック『新宿溝口クリニック』を開設。毎日の診療とともに、患者や医師向けの講演活動を行っている。著書に、『脳から「うつ」が消える食事』、『「脳の栄養不足」が老化を早める!』、『「うつ」は食べ物が原因だった! 』(いずれも青春出版社)など。
姫野 友美 先生
東京医科歯科大学医学部卒業、九州大学学部付属病院、北九州市立小倉病院、愛風会さくら病院、Mayo clinic Emergency Room(U.S.A.)、東京都立広尾病院、木原病院、(財)東京顕微鏡院付属診療所、テーオーシービル診療所などを経て2005年ひめのともみクリニック開設、2006年日本薬科大学薬学科教授就任。日本心身医学会専門医、日本心療内科学会登録医。著書に「成功する人は缶コーヒーを飲まない」(講談社)、「心療内科に行く前に食事を変えなさい」(青春出版社)
功刀 浩 先生
1986年東京大学医学部卒。1994年ロンドン大学精神医学研究所留学。1998年帝京大学医学部精神神経科学教室講師を経て、2002年現職。医学博士、精神保健指定医、日本精神神経学会指導医。日本生物学的精神医学会評議員、日本精神・行動遺伝医学会理事のほか、Molecular Psychiatry誌のEditorial Board、The Open Neuropsychopharmacology JournalのCo-Editor-in-Chiefなどを務める。「精神疾患は脳の病気か??向精神薬の科学と虚構?」(監訳)[みすず書房]、ほか共著書多数。
市来 真彦先生
神奈川県出身。1992年千葉大学医学部卒業、1999年千葉大学大学院医学研究科内科系精神医学専攻修了。千葉大学医学部附属病院精神神経科、東京都立墨東病院神経科、北里大学医学部精神科学教室、などを経て、平成17年11月より東京医科大学精神医学講座講師、東京医科大学霞ヶ浦病院精神神経科科長、平成19年7月より同准教授。現在、東京医科大学精神医学分野、東京医科大学病院メンタルヘルス科准教授。
オーソモレキュラー サイカイアトリー お申込みはこちら

お問い合わせ

心身栄養療法研究会事務局
(一般社団法人オーソモレキュラー.jp内)

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-11-6

TEL.0120-11-3805

Medical Tribune連載記事上半期TOP10
  1. 高齢者糖尿病ではHbA1c7.5〜9.0%を厳守!
  2. これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定
  3. 結核性髄膜炎とオーサーシップの怖い話
  4. 感染症患者にステロイドはご法度か
  5. 老人ホームの朝食がランチパック?!
  6. 糖質の量と質、どちらが重要か
  7. "最強の治療法"トリプル吸入療法は諸刃の剣
  8. 低血糖なしにHbA1c 6.0%未満を達成
  9. 造影剤腎症にデータで対抗する
  10. 快刀乱麻(12) 総会議決権の制限

連載【CNS Today】「精神科医も身体的モニタリングを」記事も掲載中!

お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン