このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2020/200225523350/
2020年02月25日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

今回はWeb講演会のご案内です。

web seminor

アバンシィ Web カンファレンス
患者満足度を上げるためのIOL度数計算のコツ

開催:2020年3月3日(火)19:00~19:45
※19:30までに入室していただければ巻き戻し再生が可能です


視聴案内ページへ
【演者】

須藤 史子 先生
東京女子医科大学 東医療センター 眼科 教授

【概要】

 現在の白内障手術は手術手技の確立や技術進歩により安定した手術が行えるようになっているため、術後屈折誤差が患者の術後視機能の満足度を大きく左右する。眼内レンズの度数計算で最も基本かつ重要なことは、術前生体計測の精度を上げること、適切な眼内レンズ度数計算式を選択すること、最適化したIOL定数を使用することである。本講演ではこの3つのコツを中心に述べたい。また、アバンシィ プリロード1Pを使用した経験についても紹介する。本講演が明日からの眼内レンズ度数計算決定の一助になれば幸いである。

【主催】

興和株式会社

視聴案内ページへ

 メディカルトリビューンでは、弊社からご案内するウェブセミナーをご視聴いただいた医師会員の皆様に、メディカルトリビューン独自のアンケートを実施しております。 セミナー開催2-3日後に、アンケートのお願いをメールにてお送りいたしますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。(回答謝礼:200ポイント)
※ポイントを貯めることで、Amazonギフト券等への交換が可能になります。


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信停止はこちらからお願いします。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン