このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2020/200525530276/
2020年05月25日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

提供:アッヴィ合同会社

2020年5月 化膿性汗腺炎におけるヒュミラの用法及び用量が一部変更になりました

2020年5月吉日

謹啓

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 アッヴィ合同会社とエーザイ株式会社は、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤「ヒュミラ®皮下注40mgシリンジ0.4mL、ヒュミラ®皮下注80mgシリンジ0.8mL、ヒュミラ®皮下注40mgペン0.4mL、ヒュミラ®皮下注80mgペン0.8mL」〈一般名:アダリムマブ(遺伝子組換え)製剤〉について、「化膿性汗腺炎」の用法及び用量の一部変更承認を取得しましたのでご案内申し上げます。

 このたびの用法及び用量一部変更により、初回投与4週後以降、80mgを2週に1回投与という選択肢が増えました。

 なお、当変更に伴い、用法及び用量に関連する注意も変更になります。ご使用に際しましては、最新の添付文書をご参照ください。今後ともより一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

【用法及び用量】【用法及び用量に関連する注意】(変更部分のみ抜粋)
用法及び用量

通常、成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを、初回投与2週間後に 80mgを皮下注射する。初回投与4週間後以降は、40mgを毎週1回又は80mgを2週に1回、皮下注射する。

用法及び用量に関連する注意

<化膿性汗腺炎>
7.5 臨床試験では、投与52週以前に本剤80mgの2週間に1回皮下注射に切り替えた際の有効性及び安全性
 は検討されていないことから、本剤80mgの2週間に1回皮下注射を開始する時期については、患者の状態
 を考慮し、慎重に判断すること。

下線部:変更箇所

ヒュミラに関する詳細情報はこちら
        
製造販売者 アッヴィ合同会社 販売元 エーザイ株式会社プロモーション提携 EAファーマ株式会社
文献請求先・製品情報お問い合わせ先

お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信停止はこちらからお願いします。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン