このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2020/201005531725/
2020年10月05日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

提供:キヤノンメディカルシステムズ株式会社

【PR】整形外科領域における高性能超音波診断装置の活用
~深部エコー・Superb Micro-vascular Imaging(SMI)技術の有用性

【PR】整形外科領域における高性能超音波診断装置の活用 ~深部エコー・Superb Micro-vascular Imaging(SMI)技術の有用性
 超音波(エコー)装置は性能・画像の進歩が著しく、いまや多くの一般臨床医が用いている。整形外科領域も例外ではなく、エコーガイド下インターベンションは"診療革命"と形容されるまでになっている。

 本稿では、"診察室で完結する"診療スタイルを掲げ、エコーガイド下インターベンションを外来の診療室で施行している、まえだ整形外科院長の前田学氏を取材。実地臨床の診断・治療・リハビリテーション(リハ)におけるエコー装置の有用性とインターベンション治療の実際を伺った。
コンテンツを閲覧する


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信停止はこちらからお願いします。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン