このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2020/201119533380/
2020年11月19日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

提供:帝人ファーマ株式会社

【特別企画】クリニカルパスを活用した 反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) 療法への取り組み
【特別企画】クリニカルパスを活用した 反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) 療法への取り組み
 世界保健機関(WHO)は、うつ病が2030年に障害調整生存年数(DALY)から見た健康生活への影響が最も大きい疾患の1つになると予測している。日本でも、近年うつ病患者数は増加傾向にあるが、そのうち薬物療法で寛解に至らない治療抵抗性うつ病患者は33%を占める。こうした中、新たな治療選択肢として反復経頭蓋磁気刺激(repetitive transcranial magnetic stimulation;rTMS)療法が注目されている。2019年6月の保険診療開始から間もない同年9月に、治療用の反復経頭蓋磁気刺激装置(rTMS)NeuroStar®を導入した桶狭間病院藤田こころケアセンター(愛知県豊明市)で治療を手がける目片隆宏氏に、rTMS療法の治療成績やクリニカルパスの活用などについて話を聞いた。
コンテンツを閲覧する


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信停止はこちらからお願いします。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン