メニューを開く 検索 ログイン

小児のコロナ関連MIS-C、有効な治療法は

2021年06月22日 18:45

8名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した小児では、まれに川崎病様の症状を呈する小児多系統炎症性症候群(MIS-C)を発症することが知られている。世界では既に約4,000例が確認され、免疫グロブリン療法(IVIG)の有効性が指摘されてきたが、エビデンスの少なさから治療法は確立されていなかった。6月16日付のN Engl J Med(オンライン版)は、MIS-Cに対するIVIGおよびグルココルチコイドの有効性を検討した多施設観察研究2件の結果を掲載。両者でIVIG+グルココルチコイドに対する評価は分かれる結果となった(関連記事:「新型コロナ小児のMIS-C、川崎病との違いは?」「コロナ感染で発生、小児多系統炎症性症候群」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  小児のコロナ関連MIS-C、有効な治療法は

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536931 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外