メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ感染で発生、小児多系統炎症性症候群

日本川崎病学会が関連学会に通知

 2021年03月26日 16:43
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した小児で、全身の複数臓器に障害を起こす小児多系統炎症性症候群(MIS-C)を生じる例が国内でも報告されている。日本川崎病学会は関連学会に対しMIS-C発症例で現れる特徴的な症状、背景、経過、検査所見などについて通知した。「共通した特徴があり、年齢層や症状からさまざまな施設や診療科を受診する可能性がある」として、消化器内科、救急科、循環器科、集中治療科、感染症科、小児救急、一般小児科では注意してほしいと呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ感染で発生、小児多系統炎症性症候群