メニューを開く 検索 ログイン

新型コロナ小児のMIS-C、川崎病との違いは?

米の川崎病研究者が講演

2020年10月29日 05:00

116名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した小児の多くが川崎病様疾患のMIS-C(ミスシー:Multisystem inflammatory syndrome in children、小児多臓器炎症性症候群)を呈することが指摘されている。川崎病研究の第一人者である米・University of California, San DiegoのJane C. Burns氏は、第123回日本小児科学会(8月21〜23日、ウェブ開催)の緊急シンポジウム「COVID-19:小児に関わる課題と対策」で、SARS-CoV-2とMIS-C、川崎病の関連について講演した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ小児のMIS-C、川崎病との違いは?