メニューを開く 検索 ログイン

JMAP方式で透析移行例が5分の1に!

行政も加わった八幡浜市の取り組み

2022年03月23日 05:10

18名の医師が参考になったと回答 

 愛媛県八幡浜市は2014年から日本慢性疾患重症化予防学会(JMAP)方式による糖尿病透析予防に取り組み(関連記事「JMAP方式透析予防は専門医不足地域で有用」)、目覚ましい成果を挙げてきた。推算糸球体濾過量(eGFR)の年間変化量から5年以内の透析導入が予測された患者に対して介入を行い、5年後の移行例を2割弱に抑え込んだのである。第8回同学会(2月13日ウェブ開催)より市立八幡浜総合病院内科部長の酒井武則氏の発表を紹介する。(関連記事「透析予防の次の標的は腎症1期、2期」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  JMAP方式で透析移行例が5分の1に!

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544840 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外