メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  医療の現場レポート »  JMAP方式透析予防は専門医不足地域で有用

JMAP方式透析予防は専門医不足地域で有用

市立八幡浜総合病院内科部長 酒井武則氏

 2016年09月02日 07:05

酒井氏 糖尿病性腎症からの透析移行抑制が重要な社会的課題となっている。かねてこの問題の重要性を訴え,各地で実践を続けてきた日本慢性疾患重症化予防学会(JMAP)のサマーセミナーが8月4日東京で開催された。①疾病管理MAPとΔeGFRを用いたハイリスク例の抽出②減塩を軸とする患者指導の徹底③腎保護作用が期待されるGLP-1受容体作動薬の活用−などを特徴とするJMAP方式の最新アウトカムを紹介した、市立八幡浜総合病院(愛媛県)内科の酒井武則氏の発表を紹介する。(関連記事:GLP-1受容体作動薬による透析予防に手応え

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  医療の現場レポート »  JMAP方式透析予防は専門医不足地域で有用

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504563 有効期限:10月末まで