メニューを開く 検索 ログイン

透析予防、次の標的は腎症1期、2期

主役はかかりつけ医と調剤薬局

2022年03月23日 05:05

4名の医師が参考になったと回答 

 日本慢性疾患重症化予防学会(JMAP)は、糖尿病性腎症の進展に歯止めをかけ透析移行例を減らすための活動を地域で続けてきた。特に、5年以内の透析導入が予測される例における介入では相当の成果を上げつつある(関連記事「JMAP方式で透析移行例が大幅減少」)。次の問題は腎症1期、2期への対応だ。この膨大な患者群の進展を止めることは、糖尿病専門外来だけでは到底不可能。第8回の同学会(2月13日ウェブ開催)において代表理事の平井愛山氏は「地域のかかりつけ医と調剤薬局を巻き込んだ新しい取り組みが必要だ」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  透析予防、次の標的は腎症1期、2期

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544841 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外