メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  記事一覧 » Hansoh PharmaとAtomwiseが複数の治療領域を対象としたAI創薬で戦略的協業を開始

Hansoh PharmaとAtomwiseが複数の治療領域を対象としたAI創薬で戦略的協業を開始

ビジネスワイヤ | 2019.09.16 14:16

Hansoh Pharmaは人工知能(AI)技術を使用した革新でファースト・イン・クラスおよびベスト・イン・クラスの低分子薬を創出

上海 & サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 中国の大手バイオ医薬品企業Hansoh Pharmaceutical Group Company Limited(翰森製薬集団有限公司、ハンソー・ファーマシューティカル)と創薬向け人工知能(AI)分野のリーダー企業Atomwise, Inc.(アトムワイズ)は、協業について発表しました。協業の目的は、複数の治療領域における計11種類の非公開標的タンパク質を対象に、潜在的医薬品候補を設計・創薬することにあります。



AtomwiseとHansoh Pharmaの科学チームは各プログラムで緊密に協力します。相補的な専門知識と技術の組み合わせは、創薬および臨床開発で劇的に成功率を高め、スケジュールを短縮できる潜在力があります。

Hansoh Pharma子会社のJiangsu Hansoh Pharmaceutical Group Co., Ltd.の社長を務めるAifeng Lyu博士は、次のように述べています。「AtomwiseはHansoh Pharmaにとって、AI技術を利用して革新を行い、オンコロジーやその他の治療領域の多様な低分子パイプラインを創出する上で最適な提携相手です。当社はAtomwiseのAIプラットフォーム、能力、チームに強い感銘を受けており、協力することでファースト・イン・クラスおよびベスト・イン・クラスの治療薬を開発するための格別の機会を得られると考えています。」

Atomwiseの最高経営責任者(CEO)であるAbraham Heifets博士は、次のように述べています。「中国のバイオ医薬品大手Hansoh Pharmaと提携できるのは当社にとって大きな喜びです。Hansoh Pharmaは、当社の革新に対する強いコミットメントと世界規模で患者の健康に影響を及ぼすという使命を共有しています。」

構造ベース医薬品設計のためのAtomwiseの世界水準のAIプラットフォームは、ヒット化合物の発見、ヒット化合物の中からのリード化合物の選別、リード化合物の最適化という活動で道筋を示します。Hansoh Pharmaは、生物学的アッセイと医薬品化学における能力で貢献するとともに、その後の前臨床開発および臨床開発を主導します。

協業の条件に従い、Atomwiseは非公開の技術使用料、オプション権行使料、ロイヤルティー、協業の下で創出された資産のサブライセンスや販売に基づく収入を受け取ります。低分子医薬品の過去の平均売上高に基づけば、Atomwiseにとって本取引が持つ全体的な潜在的価値は、すべてのプロジェクトで成功した場合、大ヒット薬の潜在価値を上回る可能性があります。Hansoh Pharmaはあらゆる分野と地域における開発と商業化の権利を受け取ります。

Hansoh Pharmaについて

Hansoh Pharma(3692:HK)は中国の大手バイオ医薬品企業として、約8900人の当社従業員と共に生活を一変させる医薬品の発見・開発に傾倒して、患者が重篤な疾患や障害を克服することに貢献しています。1995年設立のHansohは、研究開発・製造・商業の完全統合型の能力を有しており、中枢神経系(CNS)、オンコロジー、抗感染薬、糖尿病などの分野でリーダーの地位を支えています。研究開発に約1400人の専門家が携わるHansohは、2011年からの臨床開発を対象とする新規化合物のIND件数に基づき、中国のすべてのバイオテクノロジー企業および製薬企業の中で上位2位につけています。Hansoh Pharmaの2018年の売上高は約11億米ドルで、対前年比で25%の成長となります。詳細情報についてはwww.hspharm.comをご覧ください。

Atomwiseについて

Atomwise, Inc.は、構造ベース低分子創薬向けに初の深層学習AIを発明しました。2012年創設のAtomwiseは現在、世界最大の製薬企業および農薬企業の一部に加え、19カ国の100を超える大学や病院と共同で、毎年何百件というプロジェクトを実行しています。Atomwiseは、当社のAI技術の開発・応用を支えるため、複数の大手ベンチャーキャピタル企業から5000万ドル以上の資金を調達しました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Hansoh Pharma
Name: Paul Lu
Email: communications@hspharm.com

Atomwise
Name: Sara Dunn
Email: SDunn@jpa.com

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  記事一覧 » Hansoh PharmaとAtomwiseが複数の治療領域を対象としたAI創薬で戦略的協業を開始

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド