メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  記事一覧 » 馬雲公益基金会とアリババ公益基金会が東南アジア4カ国への寄付を発表

馬雲公益基金会とアリババ公益基金会が東南アジア4カ国への寄付を発表

ビジネスワイヤ | 2020.03.20 09:40

中国・杭州--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 馬雲公益基金会とアリババ公益基金会は本日、東南アジア4カ国への医療消耗品の寄付を発表しました。

両基金会は、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピンの政府と連絡を取り、医療消耗品の寄付提案をすることができました。基金会の目標は各国でのCOVID-19ウイルスとの闘いを支援することであり、その他の近隣諸国への支援も予定されています。

4カ国への寄付を発表した際に、馬雲公益基金会はこのように述べました。「私たちは、COVID-19と闘うアジア近隣諸国に協力します。私たちとアリババ公益基金会は、200万枚のマスク、15万個の検査キット、2万着の保護衣、2万個のフェイス・シールドをインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイに送ります。その他のアジア諸国への支援も準備が進められています! アジアを応援します!」

この寄付に先立ち、両基金会が支援するデジタル・ハンドブックが水曜日に発表されています。このハンドブックには、COVID-19治療の最前線に立って拡散抑制で中心的役割を果たした中国の病院の医師やその他の医療管理者・職員による重要な教訓や経験が記載されています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Rico Ngai (Southeast Asia)
Alibaba Group
+852 9725 9600
rico.ngai@alibaba-inc.com

Adam Najberg (International)
Alibaba Group
+852 5474 3262
adam.najberg@alibaba-inc.com

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者、日本はなぜ少ない

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  記事一覧 » 馬雲公益基金会とアリババ公益基金会が東南アジア4カ国への寄付を発表