メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく

ログインはこちら

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

キャンペーンコードをお持ちの方はこちら

メディカルトリビューンウェブについて詳しく(サービスご案内) 

 Netディテーリングへ戻る

前十字靭帯損傷膝の術前・術後評価〔PR〕

2017.03.22

ALCARE第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会ランチョンセミナー1

座長 大阪大学大学院 医学系研究科 器官制御外科学 講師 前 達雄 氏
演者 弘前大学大学院 医学研究科 整形外科学 教授 石橋 恭之 氏

 膝前十字靭帯(ACL)損傷は頻度の高いスポーツ外傷である。活動性の高いスポーツ選手に対する治療の第一選択は再建術であり,施行時には解剖学的な位置に骨孔を設置し大腿骨と脛骨の位置関係を正常化することが必須である。

 先ごろ,千葉市で開催された第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会のランチョンセミナーでは,弘前大学大学院医学研究科整形外科学教授の石橋恭之氏がACL損傷膝の術前・術後の徒手検査や画像評価,動作解析について解説した。また,高価で持ち運びが困難という従来の膝関節運動計測器の課題を克服した,安価でコンパクトな計測器Knee Measure Instrument(KMI)を紹介し,脛骨前方移動量(ATT)の簡便な定量評価法について説明した。

 なお,座長は大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学講師の前達雄氏が務めた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    老人ホームの朝食がランチパック?!

  2. 2

    医療機関にもっとマネジメントを

  3. 3

    予定帝王切開が小児喘息と関係する可能性

  4. 4

    子宮頸がん一次予防に初の国際ガイドライン

  5. 5

    変形性股関節症に新指針―米整形外科学会

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ディテーリング >  前十字靭帯損傷膝の術前・術後評価〔PR〕