メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ディテーリング »  【特別企画:Round Table Discussion】SGLT2阻害薬の特徴を生かした2型糖尿病の治療戦略

【特別企画:Round Table Discussion】SGLT2阻害薬の特徴を生かした2型糖尿病の治療戦略

2015.09.30

SGLT2阻害薬の特徴を生かした2型糖尿病の治療戦略

司会
江藤 一弘 氏 帝京大学 内科学講座 教授
出席者(発言順)
Vincent C. Woo 氏 Section of Endocrinology and Metabolism University of Manitoba
麻生 好正 氏 獨協医科大学 内科学(内分泌・代謝)主任教授
植木 浩二郎 氏 東京大学大学院医学系研究科 分子糖尿病科学講座 特任教授
陣内 秀昭 氏 医療法人社団陣内会 陣内病院 院長

 ナトリウム/グルコース共輸送体(SGLT)2阻害薬は,腎臓の近位尿細管に存在するSGLT2を阻害し,グルコースを尿糖として排出するというユニークな作用機序を持つ経口血糖降下薬である。同薬はインスリン非依存性の血糖降下作用に加え,尿糖増加に伴うカロリーロスにより体重減少が認められることから,肥満を伴う非高齢2型糖尿病患者を中心に有用性が期待されている。しかしながら,SGLT2阻害薬が薬物療法の主要な選択肢として広く普及している欧米とは対照的に,わが国では依然として限られた患者での使用にとどまっている。そこで本座談会では,カナダ糖尿病学会(CDA)診療ガイドライン専門家委員会の委員を務めるVincent C. Woo氏をお招きし,日本の糖尿病専門医の先生方とともに,SGLT2阻害薬の国内外での位置付けやその有用性,適正使用のポイントなどについて話し合っていただいた。座長は帝京大学内科学講座教授の江藤一弘氏が務めた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ランキング

  1. 1

    SGLT2阻害薬で変動するがんリスク

  2. 2

    喘息でない咳にも吸入ステロイド!?

  3. 3

    生物学的製剤治療中は髄膜炎に注意

  4. 4

    糖尿病初診時に膵がんを見逃すな

  5. 5

    快刀乱麻 医師拷問死事件で判決

  6. 6

    324種の遺伝子を一度で検査、米承認

  7. 7

    【Essay】「数の論理」が通用する世界?

  8. 8

    新専門医、大都市圏で定員調整完了

  9. 9

    自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

  10. 10

    「中皮腫細胞診断の手引き」が公表

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    呼吸器学会が新型たばこを「非推奨」

  2. 2

    コーヒー摂取による害と益の分水嶺

  3. 3

    高血圧の定義を130/80に厳格化

  4. 4

    【離島医最終回】「釣り針」の抜き方

  5. 5

    SGLT2阻害薬に初発予防効果はあるか

  6. 6

    BP製剤とSERMの直接比較の結果が発表

  7. 7

    ASCOが"危険な飲酒"に声明

  8. 8

    デュロキセチンによる疼痛治療の注意点

  9. 9

    新旧骨形成促進薬の対決

  10. 10

    セックス中の心停止例の実態調査

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ディテーリング »  【特別企画:Round Table Discussion】SGLT2阻害薬の特徴を生かした2型糖尿病の治療戦略

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

D12037437 有効期限:12月末まで