メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ディテーリング »  スチバーガによる大腸癌サルベージライン治療と副作用マネジメントのポイント〔PR〕

スチバーガによる大腸癌サルベージライン治療と副作用マネジメントのポイント〔PR〕

2017.04.24

座談会 大腸癌治療戦略におけるスチバーガの位置づけとマネジメント

司 会 植竹 宏之 先生 東京医科歯科大学 総合外科学 教授
出席者 沖 英次 先生 九州大学大学院 消化器・総合外科 診療准教授
田中 彰 先生 東海大学 消化器外科 准教授
松岡 宏 先生 藤田保健衛生大学 総合消化器外科 講師
舩越 徹 先生 旭川厚生病院 外科 医長


 大腸癌に対する世界初の経口マルチキナーゼ阻害薬スチバーガ(レゴラフェニブ)は、国内外のガイドラインにおいて、切除不能な大腸癌に対する標準治療の一つに位置づけられている。本邦では2013年3月に「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」に対する承認を取得し、その後使用経験が蓄積されるに伴い、実臨床における課題や有害事象の傾向なども明らかになってきた。
 そこで今回は、臨床・研究の第一線で消化管癌診療に取り組まれている先生方にお集まりいただき、大腸癌治療におけるサルベージライン治療の位置づけをはじめ、スチバーガを用いる際の適切な患者選択、治療におけるポイントや副作用マネジメントなどについてご討議いただいた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

ホーム »  ディテーリング »  スチバーガによる大腸癌サルベージライン治療と副作用マネジメントのポイント〔PR〕

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外