メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 Netディテーリングへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

【特別企画】インタビュー 微生物検査の迅速化がもたらすメリットと運用のポイントとは

2017.01.10

【特別企画】

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・診断学分野(臨床検査医学)教授/長崎大学病院検査部部長 栁原 克紀 氏

栁原 克紀 氏 近年、微生物検査においては、大学病院を中心に質量分析器による同定検査の迅速化が進み、より早期の薬剤感受性の判定が可能な迅速感受性機器を導入する施設も増えている。こうした微生物検査の迅速化については、昨年(2016年)閣議決定された薬剤耐性(AMR)対策アクションプランにもその重要性が盛り込まれている。そこで、あらためて微生物検査の迅速化が臨床現場にもたらすメリットや、最新機器およびシステムの運用を行う上でのポイントについて、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・診断学分野(臨床検査医学)教授で長崎大学病院検査部部長の栁原克紀氏にお話を伺った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ディテーリング >  【特別企画】インタビュー 微生物検査の迅速化がもたらすメリットと運用のポイントとは