メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ディテーリング »  脊髄刺激療法(SCS)の最前線〜疼痛治療の最前線〜〔PR〕

脊髄刺激療法(SCS)の最前線〜疼痛治療の最前線〜〔PR〕

2017.05.09

第8回日本MISt研究会 第8回関東MISt研究会 オープニングシンポジウム 脊髄刺激療法(SCS)の最前線~疼痛治療の新戦略~ 2017年2月26日(日)東京ミッドタウンホール&カンファレンス 座長 齋藤 貴徳 先生 関西医科大学総合医療センター 日方 智宏 先生 北里大学北里研究所病院

Opening Remarks
齋藤 貴徳 先生 関西医科大学総合医療センター

日本MISt研究会は低侵襲脊椎安定術の普及を目的とした会であるが、2016年から保存療法を含めた最小侵襲治療を追求する方向へ活動の拡大が図られている。こうした背景の下、同会として初めて脊髄刺激療法(SCS: Spinal Cord Stimulation)に焦点を当てたシンポジウムとして「脊髄刺激療法(SCS)の最前線~疼痛治療の新戦略~」が企画された。本シンポジウムではSCSの理論的背景や手技、臨床経験、治療プロトコルの実際などについて、脳神経外科、整形外科、麻酔科の先生方にご講演いただく。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

ホーム »  ディテーリング »  脊髄刺激療法(SCS)の最前線〜疼痛治療の最前線〜〔PR〕

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外