メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  出生体重がのちの結核発症率に影響,500g増加ごとにリスク46%減

出生体重がのちの結核発症率に影響,500g増加ごとにリスク46%減

米ミシガン大学とカロリンスカ研究所の共同研究

 2010年01月12日 00:00

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  出生体重がのちの結核発症率に影響,500g増加ごとにリスク46%減