メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  低吸収性抗生物質rifaximinが便秘のない過敏性腸症候群の症状を緩和

低吸収性抗生物質rifaximinが便秘のない過敏性腸症候群の症状を緩和

有害事象はプラセボと同様

 2011年01月07日 00:00

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  ニュース »  低吸収性抗生物質rifaximinが便秘のない過敏性腸症候群の症状を緩和