メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  超早産児の若年成人期における喘息治療薬処方リスクは2.4倍

超早産児の若年成人期における喘息治療薬処方リスクは2.4倍

スウェーデンの全国民対象のコホート研究

 2011年04月11日 00:00

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  ニュース »  超早産児の若年成人期における喘息治療薬処方リスクは2.4倍