メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  あるNSAID使用が大腸手術後の縫合不全リスクを上昇させる可能性

あるNSAID使用が大腸手術後の縫合不全リスクを上昇させる可能性

デンマークのコホート研究

 2012年09月27日 00:00

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

プロ野球春季キャンプ中!今年の優勝予想チームは?(セ・リーグ編)

ホーム »  ニュース »  あるNSAID使用が大腸手術後の縫合不全リスクを上昇させる可能性