メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  大腸コールドポリペクトミーは遅発性出血リスクが低い

大腸コールドポリペクトミーは遅発性出血リスクが低い

昭和伊南総合病院・堀内朗氏が解説

 2015年07月08日 00:00

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

暑い日にMRが背広なし・ノーネクタイで訪問したら?

ホーム »  ニュース »  大腸コールドポリペクトミーは遅発性出血リスクが低い