メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Doctor's Eye »  慢性心不全管理において6か月ごとの患者教育と電話によるモニターは、入院回避、QOLの改善に有効

慢性心不全管理において6か月ごとの患者教育と電話によるモニターは、入院回避、QOLの改善に有効

兵庫県立尼崎病院循環器内科 佐藤 幸人

 2008年06月30日 00:00

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  Doctor's Eye »  慢性心不全管理において6か月ごとの患者教育と電話によるモニターは、入院回避、QOLの改善に有効