メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医学部予備校ガイド » 九州医進ゼミ

タイトル入るタイトル入る

九州医進ゼミ

九州医進ゼミ:ロゴ

国立・私立医学部に完全対応。合格率にこだわる九州医進ゼミの思考力育成を重視した合格マニュアルで、「受かる学力」を身につけます。

九州医進ゼミ:メイン画像

九州医進ゼミでは、医学部受験に精通した教師が常勤で学習指導と担任業務を兼任し、生徒一人一人の学習状況をトータルサポートし、医学部合格を目指しています。コースは、少人数・レベル別に【国立医リミットコース:定員16名】【国立医特訓コース:定員4名】【私立医サミットコース:定員24名】【Basic特訓コース:定員8名】【個別指導高校生コース】をご用意しています。

資料請求リストに追加 資料お取り寄せリストに追加済 お取り寄せ手続きへ

この予備校の特徴FEATURES

ポイント1医進生50名に毎年安定した合格者数を叩き出す抜群の実績

ポイント01の画像

医学部医学科2021年度合格者数累計64名(国公立大8名/私立大56名)。この様に多くの合格者を輩出し、毎年安定した実績を誇っています。 九州医進ゼミの『常勤教師の存在』は私たちの強みの一つです。常勤教師が授業と担任を兼任することによって、受験の合否に影響を及ぼす生徒の学力や彼らの意識に対して年間を通してダイレクトに関わり続けます。教師の真剣さに間近に触れるなかで、生徒たちは本気になり、目標に向かい主体的に取り組む意識を持って受験生活を送るようになります。これが医進生の最大の強みです。

ポイント1思考力育成に欠かせない教師力・担任力

ポイント01の画像

九州医進ゼミでは、思考力育成の根幹は教師力にあると考えています。知識の詰め込み、画一的な演習中心の指導では得られない思考力を習得させるべく、医学部受験に精通した教師陣が、本質的な理解を土台に、生徒一人一人に合わせ、インプット重視型・アウトプット重視型の2つのアプローチで徹底的にフォローします。また、授業を担当する常勤の教師が担任としてつくため、時期ごとの適切な強化バランスなど、トータルサポートで生徒のやる気を後押しし、それが、受験に向けた高い意識をもったクラスの真剣な雰囲気づくりに繋がっています。

ポイント1圧倒的な学習時間を安心して過ごすための学習環境を提供

ポイント01の画像

医学部受験において、学習環境が合否に大きく影響を与えることは言うまでもありません。勉強時間や環境の充実に気を配り、生徒一人一人が安心して学習できる環境を提供し、1日最大15時間・年間休日12日のハードスケジュールをこなすことで強い精神力を培い、自信をもって受験に臨むことが可能です。また教室と職員室が防音ガラスで仕切られており、ドアを開ければすぐに質問できるという一体感と適度な緊張感がある校舎です。 卒業生の声:『自習時間が多く確保され、夜10時までの必須自習は私にとって最適な環境でした。』

合格実績ACHIEVEMENT

2021年度合格実績
[定員:計52名(国立医リミットコース16名、国立医特訓コース4名、私立医サミットコース24名、Basic特訓コース8名)]
医進生50名に高い合格率を約束する渾身の合格マニュアルで、
国公立・私立大医学部に完全対応、合格率にこだわる九州医進ゼミ。

【正規合格 国公立大8名/私立大56名】
▼国公立大医学部医学科
長崎大 3名
佐賀大 2名
九州大 1名
熊本大 1名
香川大 1名

▼私立大医学部医学科
久留米大 20名
福岡大  11名
川崎医科大 5名
愛知医科大 4名
兵庫医科大 4名
岩手医科大 2名
金沢医科大 2名
関西医科大 1名
日本大   1名
近畿大   1名
杏林大   1名
昭和大   1名
国際医療福祉大 1名
聖マリアンナ医科大 1名
産業医科大 1名

合格者の声TESTIMONIALS

2021年度 久留米大学(医・医)/川崎医科大学(医・医)合格

高校時代、野球に没頭していた私は姉の勧めで九州医進ゼミを知り、高校3年生の夏から本格的に医学部合格に向けて勉強を始めました。入塾した当初、苦手な教科は課題を与えられないと全く勉強せず、得意な数学ばかり勉強していました。そして浪人が決まっても高校生の延長という気持ちだったため、今思えば最初は集中して勉強できていなかったと思います。自分でもどうしていいか悩んでいるとき、医進ゼミの先生から「本気で医学部を目指しているならそれに合った行動をするように今の自分を変えろ」と厳しく指導していただき、医学部に必ず進学したいという自分の目標を応援してくれる家族、その手助けをしてくださる先生方、そして自分のためにもここで変わろうと決意しました。
 その後、「したいこと」ではなく「しなくてはいけないこと」を毎日書き出し、得意な教科よりも苦手な教科に比重をおくように徹底しました。また、推薦入試に必要な2科目だけではなく、一般入試を見据えて 4科目を毎日演習することを心がけました。しかし、まだまだ自分の意識の低さに気付かず、推薦入試に合格できるだけの実力が備わっていませんでした。それと同時に今までの自分は先生方に頼りすぎて自分の力で理解しようとする気持ちが足りないと気付かされました。そのため、一般入試に向けてもっと自分で理解する時間を十分作り、「一浪でも一般入試で医学部に合格できることを証明してみせてくれ」という担任の先生の言葉に奮い立ち、強い気持ちを持つように心がけこれまで以上に各教科の演習量を増やし、様々な問題に触れ理解することに努めました。
 一般入試が始まると。同じクラスの人達が次々と合格していくのを見て、焦りと不安が生じましたが、結果はどうであれ最後まで自分の全力を尽くすと心に決め、受験に挑むようにしました。一次試験不合格が続き、気持ちが切れかけた中での久留米大学の正規合格は、言葉にならないほどの嬉しさと「ほっ」とした安心感がありました。また、「一浪でも合格できる」ということを証明でき、気持ちの浮き沈みはあったものの諦めることなく最後までやり続けて良かったと思いました。
 この1年間を振り返ると、学力だけでなく精神的に鍛えられたと思います。一次試験の結果を待ちながら他校の受験、二次試験の結果を待ちながらの後期に向けた勉強といった私立医学部を受験するにあたって生じるきつさ、苦しさというものは想像以上でした。しかし、人によって時間の掛かり方は異なりますが、毎日コツコツと努力をすることは必ず自分が望む結果に結び付いているのだと感じることができました。
 この1年間、勉強や精神面のサポートをして下さった先生方、そして最後まで近くで応援してくれた家族には感謝の気持ちでいっぱいです。これからも毎日の努力を怠ることなく、良医になれるよう日々精進していきます。本当にありがとうございました。

2020年度 久留米大学(医・医)/福岡大学(医・医)合格

今年が最後の年と親と約束し、九州医進ゼミに入りました。医進ゼミは他の予備校にはない魅力がたくさんあります。
1つ目は担任が先生であることです。模試の結果の数値上の話だけでなく、普段の勉強もふまえてアドバイスをして下さるので何が良くて何がいけないのかを把握しやすかったです。
2つ目は、先生と生徒の距離が近いことです。先生が常駐しているため、疑問に思ったことをすぐに質問ができます。また、自分が苦手な分野の補充プリントを用意して下さるので、積極的に先生と関われば関わるほど成績が伸びる予備校です。
3つ目は、生徒の質が高いことです。休み時間のわずかな時間も惜しんで勉強をするほどクラス全員が高い志を持っているので自然と勉強時間が増え、最後まで頑張れました。
正直今まで行った予備校の中で最も厳しく休みも少ないため大変でした。しかし周りの生徒の頑張っている姿や先生方の手厚いサポートのおかげで楽しく勉強できました。医進で過ごした1年間は密度が濃く、学習面だけでなく精神的にも大きく成長できました。この合格は医進ゼミでなければ手に入れられなかった合格だと思っています。
最後になりましたが、今まで支えてくれた家族、ご指導してくださった先生方、サポートしてくださった事務の方、美味しいご飯を作ってくださった食堂の方々に心から感謝します。本当にありがとうございました。

2019年度 鹿児島大学(医・医)/東京慈恵会医科大学(医・医)/順天堂大学(医)/大阪医科大学(医・医)/久留米大学(医・医)/福岡大学(医・医)合格

一年前の今頃、現役で医学部に合格できなかった私は、悲壮感に満ち溢れていました。現役時代、自分なりに必死で頑張り、それでも失敗した自分は浪人してもダメなのではと不安の中、九州医進ゼミの先生方と出会い、元気づけていただき、もう一年、更に頑張ろうと決意しました。
この一年、不思議ときつかったとも楽しかったとも思いませんでした。自分の感情を挟む間もなく、ただ勉強に没頭する一年間でした。現役時代とは全く質の異なるものだったと感じます。このように集中できたのも、学習する環境をしっかりと整えてくださった先生方のおかげではないかと思います。わからないことがあるとすぐに質問できることが本当にありがたかったです。時には同じ問題について5回も6回も質問することがありましたが、先生方は嫌な顔をせず、丁寧に答えてくださいました。
私がこの一年で鍛えていただいたことの一つは、「強さ」ではないかと思います。「強さ」というと少し抽象的に聞こえるかもしれませんが、一年かけて私は強くなったと自信を持っていうことができます。入学当初の私はとにかくネガティブで、このままではまた失敗する、こんなに間違っていればまた落ちる、一方、危機感を抱いていれば自分は頑張れる、とも思っていました。しかし、S先生が大きく構えるよう諭してくださり、U先生が「不安になると勉強に集中できない」ということを教えてくださいました。そこで、私はポジティブでいることとネガティブでいることの、メリットとデメリットを整理し、適度にコントロールするよう心掛けるようになりました。これは受験勉強に取り組むうえで、大きなターニングポイントになったのではないかと思います。
 こうして自分が強くなっていくのを感じながらも、不安な時はU先生が優しい言葉をかけてくださいました。周囲の言動に心揺さぶられた時は事務のNさんが助けてくださいました。このように温かい方々がいらっしゃる場で、一年間受験勉強をさせていただき、本当にありがたく思います。

資料請求リストに追加 資料お取り寄せリストに追加済 お取り寄せ手続きへ

入学情報INFORMATION

入学時期 ■本科生
 随時、お問い合わせ(お電話・メール・オンラインにて)や学校見学、面談(オンライン可)、無料体験、また寮見学を受付けています。
 3月中旬より無料春期セミナーが始まり、希望者は入学決定前でも参加できます。(2月中から早目に指導を開始することも出来ます。)
 4月中旬より前期授業スタートです。
■個別指導高校生コース:随時入学個別面談を受け付けております。
寮制度 学生寮をご用意しています。いずれも通学徒歩5分以内の立地にあり、生活に必要な備品は完備しているため、すぐに生活が始められます。栄養満点の寮食やメンタル面も教職員・寮スタッフ全員でサポートいたします。
無料体験入学 無料体験指導あり
■本科生:体験希望科目を伺い希望日時にて体験できます。(1コマ85分)
■個別指導高校生コース:体験希望科目を伺い希望日時にて体験できます。(1コマ85分)
校舎所在地 国道3号線近くに位置する5F建ての校舎。毎晩遅くまで灯りが煌々と灯っています。
九州医進ゼミ校舎は2016年に完成し、教室と職員室が一体化した空間が特徴で、教師と生徒とのしっかりした信頼関係が築かれます。

アクセス:福岡県久留米市天神町2-56
●西鉄久留米駅東口より徒歩3分
●JR久留米駅からバスで10分
(JR久留米駅は九州新幹線が利用できます)
●九州自動車道久留米インターから車で10分
●福岡空港から西鉄久留米駅まで高速バスで50分
※久留米市は人口30万人。水と緑に囲まれた生活しやすい環境にあります。

資料請求リストに追加 資料お取り寄せリストに追加済 お取り寄せ手続きへ

資料請求リスト資料請求リスト

0件入っています

0件入っています

資料請求をする 資料請求をする

ホーム »  医学部予備校ガイド » 九州医進ゼミ