メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  虚血性脳卒中の病型でESUSが高率に

虚血性脳卒中の病型でESUSが高率に

治療の確立に向け大規模臨床試験も

 2015年10月05日 13:00
プッシュ通知を受取る

写真

 通常の検査では原因がはっきりしない脳梗塞を指す疾患概念として,近年提唱されたESUS(Embolic Stroke of Undetermined Source)。その割合は決して少なくないと見られ,病態や有効な治療法に関する大規模な臨床試験が盛んに進められている。東京女子医科大学神経内科の水野聡子氏らが同大学病院に虚血性脳卒中で入院した連続82例を調べた結果,30%超がESUSに該当したと,第18回日本栓子検出と治療学会(9月25〜26日,会長=獨協医科大学病院副院長,獨協医科大学神経内科教授・平田幸一氏)で発表した。同学会レポート一覧はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

消費増税前の駆け込み購入、何を?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  虚血性脳卒中の病型でESUSが高率に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08037502 有効期限:8月末まで