メニューを開く 検索を開く ログイン

精神科研修医の3人に1人が燃え尽き症候群

日本を含む22カ国でネット調査

 2016年02月12日 10:00
プッシュ通知を受取る

 英・Queen Mary University of LondonのNikolina Jovanovic氏らは,日本を含む22カ国の精神科研修医を対象に,重症の燃え尽き症候群となってしまう割合を調べ,関連する個人面,教育面,仕事面での因子について検討した。精神科研修医の36.7%が重症の燃え尽き症候群に該当し,長時間労働や指導医への相談機会の不足(lack of supervision)などが関連要因であったとEuropean Psychiatry2016; 32: 34-41)で報告した。研究グループの一員,館農勝氏による解説はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  精神科研修医の3人に1人が燃え尽き症候群

error in template: found but mtif was expected