【英オックスフォード】米国立がん研究所(NCI)のDalsu Baris氏らは、米ニューハンプシャー州などの住民を対象とした研究の結果、喫煙者の膀胱がんリスクは1990年代半ばから上昇し、2001~04年では非喫煙者と比べて5.5倍になっていることが分かったと、米医学誌「Journal of the National Cancer Institute」(2009; 101: 1553-1561)に発表した。