【ロンドン】英サリー大学のMike Gill教授らは、英国の交通事故に関する6年分のデータを検討した結果、旅行中の外傷による入院率から見ると、自動車の運転者および同乗者よりも自転車利用者の方が危険であると、英医学誌「Injury Prevention」(2009; 15: 374-378)に発表した。特に夏季は、自転車事故による入院が増加していたという。