身体活動(日常生活上で行う運動)が活発だと認知障害の発症率が低下するとの研究結果を、ドイツの研究グループが米医学誌「Archives of Internal Medicine」(2010; 170: 186-193)に発表した。