ライフスタイルの多様化や人口の高齢化に伴い、一人で暮らす機会が以前よりも増えている。そんな中、"独り"でいることが健康状態の悪化につながる可能性を示唆する報告が相次いでいる。孤独や一人暮らしによる健康状態の悪化というと高齢者のリスクが最も高いと思われがちだが、ここで紹介する欧米発の3つの研究のうち、2つは働き盛りの年齢の人を含んでおり、独居による健康リスクは比較的若い人でも起こる可能性が示されている。