鼻が詰まる、頭が重い、風邪を引きやすいなどの症状が長く続くようだと「鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)」のことがある。「においを感じなくなる嗅覚の異常、不眠、中耳炎などを併発して生活に支障が出るようなら、手術を受けるよう勧めます」と、東京厚生年金病院耳鼻咽喉科の和田弘太医長はアドバイスする。