国民生活センターは1月24日、便秘やダイエットなどに効果があるとして販売されているマメ科(センナ属)の植物「キャンドルブッシュ(ハネセンナ)」を含む健康茶について、下痢などの健康被害が5年間で21件報告されたとして、注意を呼びかけた。消費者から「効果があり過ぎる」との相談を受けた同センターが15銘柄を分析した結果、カップ2~3杯分で医薬品と同じ量の下剤成分「センノシド」が含まれていることが分かったという。