国立がん研究センター(東京都)がん対策情報センターは5月7日、がんに関する最新の統計を同センターの情報サイト「がん情報サービス」に公開した。2010年に新たにがんにかかった人の数は80.5万人で、部位別は男性で胃がん、女性で乳がんが最も多かった。また、罹患(りかん)率と死亡率は男性の方が女性より高かったという。