たばこが体に悪いことは、だれもが知っている。喫煙によるさまざまな健康被害も報告されている。気軽にたばこを吸う感覚を味わえる「電子たばこ」は、喫煙率の低下が期待されるもので、タバコの代用品として利用されている。そんな電子たばこに関する調査結果が、米ジョージア州立大学の研究グループから報告された。同研究グループが行った調査によると、たばこを吸い、かつ電子たばこも利用している人は、禁煙に意欲的であり、高学歴な人ほどその意欲は高いという。調査結果の詳細は、医学誌「Addictive Behaviors」(2016;61:112-116)に掲載されている。