NPO花粉情報協会は9月21日、東京都でセミナーを開き、2017年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量について、西日本各地では過去10年の平均よりやや多く、今春と比べて約2~6倍になる見込みであると報告した。