頭痛は大人の病気と思われがちだが、強い痛みが繰り返し起こる片頭痛に悩まされている子どもも少なくないといわれている。そんな頭痛持ちの子どもたちは、胃腸にもトラブルを抱えていることが多いとする調査結果を、フランスのロベール・ドブレ病院の研究グループが英医学誌「Lancet Gastroenterology & Hepatology」(10月号)に報告した。片頭痛を持ちの子どもは、検査で異常が見つからないのに胃や腸に不快な症状が現れる「機能性消化管障害」にかかっている割合が高かったという。